ペチパーのやりがいとは

PHPプログラマー、いわゆるペチパーのやりがいとして、大きく2つを挙げることができます。

1つ目は、他の言語にも当てはまるが、自分の開発したものが実際に機能し、そしてそれが人の役にたったり、楽しんでもらえたりするという喜びを実感できる点にあるでしょう。特にPHPという言語は、他のプログラミング言語に比べ敷居が低く、とっつきやすいのをその特徴としています。それゆえ初心者でも、プロダクトを完成させ、他者に利用してもらう喜びを得やすいと言えるのかもしれません。いずれの言語にせよ、プログラマーとして成長を続けられる人の多くは、このやりがいをモチベーションとしているものです。

もう1つ挙げられることは、現在進行形で進化を続けている言語に携わり、そしてそのコミュニティに自分も参加しているという実感を得られる点です。PHPは当初こそ問題点を多く抱えた言語と言われていましたが、数十年の歳月を経て、あらゆる面において改善と改良を続けています。また、新しいフレームワークなども数々生まれ、今もなお、Webの世界において、他の追随を許さぬシェア率を誇っているのです。長い歴史を持っており今後もその歴史が続いていくであろう言語の改良に関われることは、プログラマーとして学びを続けていく大きなモチベーションへと繋がるでしょう。新しい言語にはない歴史の重みと、今なお成長途中のホットな言語を味わうことができるのが、ペチパーです。